女性の為の抜け毛 シャンプーNavi > ヘアケアに関する記事一覧 > 育毛剤と育毛シャンプーはその働きや役割が違います。

育毛剤と育毛シャンプーはその働きや役割が違います。

抜け毛にお悩みの方、その予防や対策にはまず育毛剤の使用を考える事と思います。

育毛剤は、ご存知のように毛根や毛乳頭と呼ばれる髪の毛を生やす元に、直接刺激を与えることによって、血行を促進し髪の毛を生やす助けをする働きをしますが、

例えば、
毛根を畑に植えた種と考えたとき、そこに肥料となる育毛剤を与えても、そもそも、土台となる土が弱っていると健康な髪が生えにくい訳です。

よく「育毛剤の効果がない」とか、「育毛剤の効果が感じられない」と言う方がいらっしゃいますが、そのようにお感じの方は、「育毛シャンプー」を併用してみて下さい。

育毛シャンプーは、健康な髪を作る土台となる弱った頭皮を正常な状態へと導く働きをしてくれます。
詰まった毛穴や頭皮の乾燥やフケ・かゆみなどのトラブルの予防や改善を目指すための必須アイテムとして、男性のみならず女性の間でも育毛シャンプーをご利用になる方が増えています。

育毛シャンプーは、基本的に頭皮に負担のかかる洗浄成分として代表的な高級アルコール系界面活性剤を使用しておらず、また、洗い上がりの髪に艶を出す目的で使用されている毛穴の詰まりの原因となるシリコンコーティング剤も不使用で、頭皮を元気に取り戻すための天然成分配合のものを言います。

育毛剤は発毛促進を目的としていますが、育毛シャンプーは頭皮環境を正常な状態へと整える事が目的です。
その働きから期待できる結果も違う訳です。
健康な髪を生やすためには、まずは育毛シャンプーで健康な土台を作りましょう。

特に女性の場合は、化学合成物質の配合されたシャンプーによって頭皮や毛根が弱っているために抜け毛や薄毛が起こっているケースも少なくないので、育毛シャンプーに変えただけで改善が実感できる場合もあります。 (管理人体験談)

⇒ヘアケアに育毛シャンプーが欠かせない理由とその結論に至った管理人体験談はこちら

頭皮の健康を育む今人気の育毛シャンプーはこちら

抜け毛予防と対策について